マネー

投資信託の証券会社は徹底的に比較するべし

  1. ホーム
  2. 少額からでも始められる

少額からでも始められる

男の人と女の人

現在は歴史的な低金利状態で、銀行の定期預金に預けてもスズメの涙ほどの金利しかつかない状況となっています。一方で、少子高齢化の影響による社会保障費の増加の影響もあり、将来的には年金の受給開始年齢の引き上げや受給額の引き下げも予想されています。そうした状況で、政府としても自力での老後資金確保や預金から投資への流れを促進すべく、少額投資非課税制度の創設や個人型確定拠出年金制度の対象者の拡大などの施策を打ち出してきています。とはいえ、投資経験のない個人が資産運用を始める場合、どのような商品に投資すればいいのかは難しい問題であるといえます。比較的投資初心者にお勧めな投資方法としては、少額からでも投資を開始できる運用商品としては投資信託の積立投資を行うという方法があります。投資信託の購入にあたっては近年では銀行でも購入することができますが、証券会社に口座を開設して証券会社から購入するのが一番よいといえます。証券会社と銀行を比較した場合、証券会社の方が取り扱う投資信託の本数も圧倒的に多く、個別株の購入も可能だからです。また、証券会社の中でも対面型の証券会社とネット証券とを比較するとネット証券の方が取引手数料が安い傾向があります。なお、株式に投資する投資信託には市場平均を上回る運用成果を目指すアクティブ型投資信託と市場平均に連動した成果を目指すインデックス型投資信託があります。両者を比較した場合、運用手数料である信託報酬はインデックス型の方が割安な傾向があります。