セーブマネーボックス

投資信託の証券会社は徹底的に比較するべし

理想の資産形成

女の人

低コストの投資信託の種類が多いのはネット証券会社ですが、じっくりと相談できる店舗型の証券会社も魅力的です。情報サイトで運用方針に合わせてファンドを比較したり、セミナーを活用して投資に関する知識を身に着けるのがポイントです。

ポイントを絞って比べよう

マネー

初心者でも始められ投資手法として投資信託が注目されていますが、目的や希望にあった証券会社を、選ぶ様にしましょう。各サービスを比較し、手数料が低い証券会社を選択すると、利益を圧迫する事なく資産運用が出来るでしょう。

運用方法の1つとして

財布

投資信託は個人がお金を殖やす運用の手段として近年非常に人気となっています。現在は証券会社のみならず、銀行でも販売をしており身近な存在となっていますが、それぞれ特徴がありますので、しっかり比較する事が重要です。投資信託は大きく2つに分かれます。1つは月々購入する累投と一括で購入する方法です。また投資対象は株式から債券までと様々ですが、近年は運用の成果を再投資せずに、分配金として毎月や年に数回出るタイプが利益実感しやすい点において人気となっています。投資信託は通常の株式や債券購入とは違い、自分で銘柄選定する必要はない事からプロにお任せする商品ですが、購入時の販売手数料や運用コストは商品によって異なります。特に投資対象が同じでも運用手法によって運用コストは大きく違います。投資信託は運用成果を開示している事も特徴の一つですが、運用成果だけでなくトータルコストがいくらになるのか比較する事が重要です。さらに証券会社によってはノーロードファンドといい、購入時の手数料がかからないものも発売しています。今までは証券会社の店頭行き、窓口で相談をして商品を購入していましたが、近年はネット専業の証券会社も増えております。このような会社では顧客が商品を購入しやすいよう様々なデータや情報を開示していますので、比較しやすいとともに手数料も比較的低廉な商品を扱っています。投資信託を購入するのであれば運用対象・運用成果・トータルコストをしっかり比較して間違いないように選択する事が大事です。

少額からでも始められる

男の人と女の人

これから先のことを考えて資産運用を始めてみようとしているのであれば、証券会社に口座を開設して投資信託の積立投資から始めてみることをお勧めします。証券会社には対面型の大手証券会社とネット証券とがありますが、それぞれを比較するとネット証券の方が株式等の売買手数料が安いです。